実践 カスタマイズ (1) 前提知識の整理

新しいテーマである。

ここからはカスタマイズに関して記載する。

カスタマイズに関してすべてを記載することはむずかしいため、

以下のように記載をしていきたいと思う。

 

まず、一通りの操作を知っているという前提にしたいと思う。

これに関しては以前紹介した、以下の自習書の内容を実施してもらいたい。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/cloud/crm_learning

[カスタマイズ編]参照

この程度のレベルの知識がある前提で、「私はいつもこうしている」という視点の内容を記載する。

フォーム、ビュー、エンティティ、フィールドのカスタマイズを本テーマとして扱ってみる。

 

Dynamics CRMの1つの「エンティティ」は大きく2つの画面で構成されている。

・データを検索するための読み取り専用の一覧画面である「ビュー」

・データを操作するための作成/編集画面である「フォーム」

また、1つのエンティティにはそのエンティティの情報を構成する情報項目として「フィールド」が存在する。

Dynamics CRMのカスタマイズはデフォルトで存在するエンティティであるシステムエンティティ及び

自由に追加できる新規エンティティであるカスタムエンティティに対して「ビュー」「フォーム」「フィールド」

の作成/(レイアウトの)変更/削除を行うことができる。かなり柔軟なカスタマイズを製品としてサポートしている。

 

ただ、幅広いカスタマイズサポートの一方でその基本機能は限定されることがある。

注意が必要なことは多くあるが、原則としてはまず下記を念頭に置くべきだと考える。

・表示は1意として確定できる関連エンティティを含む2エンティティまで

・作成/更新/削除は該当1エンティティまで

2エンティティ以上同時に何かをする場合には注意が必要というようなイメージでもよい。

詳しくはそれぞれのカスタマイズの中で触れようと思う。

 

上記の制限をクリアするためにはどうするか。

①その他のカスタマイズ可能な機能を検討する(ワークフローや業務ルールなど)

②簡易な開発を行う(JavaScriptによるコーディング)

③より複雑な開発を行う(C#やVBによってコーディングされたプログラム機能をPlugin機能で差し込む)

④全く別なロジックとしてスクラッチアプリを作成し、データを操作する

このようなことが考えられる。

①から順に標準的機能から遠ざかるとと共に複雑性が増すと一般的に捉えられている。

したがって、原則①から順に実現性を検討すべきである。

 

なお、言葉の定義であるが、以下をルールとしている。

カスタマイズ:Dynamics CRM画面上でノンコーディングで行える変更や機能追加

開発:JavaScriptやC#などによるコーディングを伴う機能追加。

以上。

広告

実践 カスタマイズ (1) 前提知識の整理」への3件のフィードバック

  1. システム構築の際は大変お世話になりました。
    現在、カスタマイズを行っており、そこで1つどうしても突破できないことが出てまいり、
    質問をさせていただきたくコメントいたしました。
    今回、1つのエンティティ(A)に対して複数の対象レコードをもつエンティティ(B)を作成し、
    1:Nのマッピングをさせました。
    イメージとしては、Aのエンティティの中に、Bをサブグリッドとして入れ込み、
    Bを「+(レコード追加)」ボタンで、レコード作成していくという画面でございます。
    「+(レコード追加)」をクリック時に、Bの入力画面に画面遷移するのでなく、
    画面上に入力画面が出てくるようにしたいのですが、
    (取引先企業の画面から、「取引先担当者」の+ボタンを押すと、画面上部に入力画面が出てくる感じです)
    どうしてもうまくいきません。
    「+」ボタンを押すと、なぜか、虫めがねの検索欄が出てきて、その中にある「+」ボタンを押すことで
    画面上部に入力画面がでてくるというおかしい動きをしてしまいうのです。。
    おそらくですが、、コマンドバーに「+新しい〇〇の追加」の隣に、「既存の〇〇の追加」というものが
    ついてしまっているのが原因ではないか、、と推測するのですが、、それが原因でしょうか・・・。
    (上記で申しました、「取引先担当者関連ビュー」のコマンドバーには、+ボタンしかなかったので、
    それが原因かと考えました。。)
    ただ、それが原因であれば、コマンドバーから「既存の〇〇の追加」のアイコンを消してみようと
    思うのですが、消し方がわからない状態でございます。

    +ボタン押下時に、画面上部に入力欄が現れる方法を教えて頂きたく、
    大変恐縮ですが、ご教授頂けたらと存じます。
    何卒よろしくお願いいたします。

    • カスタムエンティティを1:Nで関連付けた場合、ご連絡のような動きをするのは正常かと思います。
      #①+をクリック②虫眼鏡をクリック③+新規をクリック、という3ステップ
      逆に取引先担当者関連ビューが標準搭載のビューで特殊だと思います。
      希望の操作ができるようカスタマイズができるかという点に関しては、できそうだと思います。
      http://garethtuckercrm.com/2013/11/19/fixing-the-sub-grid-user-experience-in-crm-2013/
      こちらはそれを実践しているような内容のようです。参考にしてみてください。

  2. アドバイスありがとうございます!教えて頂いた通り、RibbonWorkBenchを使用して、
    コマンドバーからボタンを非表示にすることで対応できました。
    誠にありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中