実践 メール系連携 (5) サーバ側同期

続いてはサーバ側同期である。

おさらいすると、サーバ側同期は、OutlookクライアントやE-mail Routerと異なり、

連携エンジンをインストールするものではなく、CRMサーバに同梱されるものである。

サーバサイドでの処理という点ではE-mail Routerと類似するとともに、機能は基本的に包含される。

利用方法であるが、O365 Exchangeとの連携に関しては下記がよくまとまっているため、記載を省略する。

http://blogs.msdn.com/b/crmjapan/archive/2014/07/03/dynamics-crm-spring-14-sp1-server-side-sync-mail.aspx

1点補足をすると、2014年10月現在においてはExchangeサーバの自動検出の問題は解消されているようであり、

https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx

をセットする必要はなかった。

最後にテストである。メールの送信に関してはE-mail Routerの送信と同様に

電子メール活動を作成して確認するのがよい。

新しい機能として確認すべきは、メール以外の同期である。

例えば予定の同期はどのように処理されるのか。

Outlookクライアントの場合はOutlook上で追跡ボタンが表示され、

追跡することが可能であった。

サーバサイド同期の場合はモジュールをインストールするわけではないため、

追跡することはできない。従ってOWAを含むメールクライアント側からの同期はできないと思われる。

しかしながら、CRM上から予定活動を作成するとO365の予定表にも予定が作成される。

一度連携がなされれば、CRM側で更新した内容はO365予定表にも反映され、

O365予定表で更新された内容はCRMにも反映される。以下、画面イメージである。

※一番上の予定はCRM上で作成し、更新した。

2014-10-08 14_53_00

※10/7の予定はOWAから作成したもの。上の画像に存在していないため、同期されていない。

※10/8の予定はCRMから作成したものをさらにOWAで編集したもの。OWAからの編集は同期される。

2014-10-08 13_41_04

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中