【Tips】簡易作成フォーム起動ステップの変更方法

お気づきの人はいると思う。

①取引先企業の営業案件サブグリッドから作成する。

②取引先企業に1:Nで関連させたカスタムエンティティサブグリッドから作成する。

これらの操作は同じように思えて実は異なる。

①に関しては「+」をクリックするとすぐに簡易作成フォームが起動する。

一方②に関しては「+」をクリック、虫眼鏡アイコンをクリック、

「新規」をクリックと2ステップ多い。

これはサブグリッド側の「レコードの追加」ができるかどうかに依存しているものであると思われる。

正確には「レコードの追加」ボタンが表示されるようにリボン設定がなされているかに

依存していると思われる。

以下のサイトが十分な解説をしているので参考にしてもらいたい。

Fixing the sub-grid user experience in CRM 2013

以上。

#これは質問を頂いたものへの回答である。実践的な内容ということで投稿しておく。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中