【NEWS】Dynamics CRM 2015(7.1.0.1086)でのExcelへのエクスポートの注意→解消(7.1.0.2040)

2015/7/7現在

7.1.0.2040となり、問題は解消された。

 

2015/6/17現在

不具合のようである。7月上旬のパッチ適用の対象に含まれる可能性がある。

まずはそこまで待つ。

私なりの回避策としては整数のフィールドと連番を設け、5000件を超えないように

ソートしてダウンロードを繰り返している。ビュー表示の250件では少ないケースに対しては。

 

バグのようなものを発見したため、投稿しておく。

対応方法がわかり次第、こちらをアップデートする。

 

タイトルの環境において、Excelへのエクスポートを行う場合注意が必要である。

まず、5000件までのエクスポートをおこなう場合は問題にならない。

例えば、以下のように取引先企業を5000件検索し、Excelへエクスポートしようとする。

2015-06-15 19_55_25

このケースは特別問題が発生しない。

しかしながら、5001件以上が対象となっている状態で、Excelへエクスポートをすると問題が発生する。

2015-06-15 19_56_35

※左下の件数の分母が「5000+」となっていることから5001件以上が存在していることが

わかる。具体的には「1」というレコードを1件追加し、5001件とした。

5001件以上のダウロードの画面では以下が表示されるが、通常よりも長く感じる。

2015-06-15 19_56_40

ダウンロードしたファイルのサイズを比較すると明らかにサイズに差があることがわかる。

2015-06-15 20_00_49

※上が5001件

ファイルを起動し、取引先企業名の昇順でソートした状態が以下。

2015-06-15 20_01_17

なぜか20レコード(追加19レコード)がダウンロードされる。

広告