実践 カスタマイズ (9) グラフカスタマイズ

グラフのカスタマイズに関してです。
グラフのカスタマイズのポイントはグラフをXMLファイルをカスタマイズすることにポイントがあります。
Dynamics CRM画面上でのカスタマイズではあまり複雑なことはできませんが、
XMLを編集することでより多くのカスタマイズができます。

まずは画面上でのカスタマイズです。
[設定]>[カスタマイズ]をクリック
2016-06-04 11_16_37-管理 - Microsoft Dynamics CRM
[システムのカスタマイズ]をクリック2016-06-04 11_17_35-カスタマイズ - Microsoft Dynamics CRM

対象のエンティティに移動し、[グラフ]をクリック。一覧が表示されます。2016-06-04 11_21_45-ソリューション _ 既定のソリューション - Microsoft Dynamics CRM

[新規]をクリックしてグラフを作成してください。
できることは限られているのでいろいろ試してみるのがいいと思います。
保存をしたら、公開をするのはほかのカスタマイズと同じです。

XMLを編集する方法です。
グラフを選択して[その他の編集]>[エクスポート]をクリックします。2016-06-04 11_22_58-ソリューション _ 既定のソリューション - Microsoft Dynamics CRM

グラフを構成するXMLファイルをダウンロードすることができます。
あとはこのファイルをテキストエディタなどで編集し、インポートをしたら公開するだけです。

ではどのようなことができるか。ほんの一例は以下です。
・凡例が邪魔であるので非表示にしたい
・目盛りの単位を変更したい、非表示にしたい
・棒グラフの並び順を変更したい
・棒グラフと折れ線グラフを一緒に表示したい

詳しくはこちらのサイトのコンテンツが充実しているので参考にされるといいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中