実践 Dynamics 365 July 2017 update overwiew(1)

久々に連載を開始します。

2017年7月にDynamics 365(CRM)にメジャーアップデートが予定されています。

現在のv8.xからv9.xになるようです。これに関する記述をしていきます。

 

■今回のアップデートの内容

2017年7月23日時点ではTechnet的なサイトにWhat’s newとして記載があります。

こちらの内容を中心に記載していきたいと思います。

アップデートされた機能に関しては実際に操作してみてから記載したいと思います。

まだ提供はされていませんので、次回以降に順次記載します。

参照サイトはこちらです。

 

■非推奨・廃止の機能/カスタマイズの発表

今回は、機能面以外の情報を記載します。まずは、非推奨・廃止となる見込みの機能です。

 

・Outlookクライアントの非推奨化

最も大きなアナウンスであると思われます。日本でDynamics CRMが展開されて以来、

メール連携機能として、クライアントPCにインストールする形式で提供されたアプリを

意味していると思われます。July 2017 Updateより後のメジャーアップデートで

廃止されることが記載されています。

 

・サービスモジュールのスケジュールの非推奨化

明確な機能説明がないので、間違っている可能性がありますが、おそらくサービス活動を

意味しているものであると思われます。数年前より、「フィールドサービス」ソリューションが

提供され始めました。これのスケジュール機能に代替していくという感じでしょうか。

こちらも今回のアップデートより後のメジャーアップデートで廃止される見込みです。

 

・ダイアログの非推奨化

データ入力をダイアログ対話形式で標準化してくれる機能として提供されている

「ダイアログ」も今後廃止予定です。タスクフローや業務プロセスフローで代替される

ことが記載されています。コールセンター業務として利用しているユーザーは利用している

可能性がありますので要注意です。

 

・一部のAPIが非推奨化

GUIカスタマイズ以外で最も大きなものはこれでしょうか。

Xrm.Page関連の廃止が見込まれています。多くの処理を新しい記述方式に変更する必要があります。

 

・その他

参照サイトを参照ください。FAQや契約エンティティも廃止見込みです。

※お知らせや顧客間関係エンティティがやっと廃止されるようです。

 

■Business Edition

2017年初旬より、このエディションが提供されるとの噂が出始めたと記憶しています。

こちらのサイトによると2017年下期(2018年以降)に提供される見込みとのことです。

 

■プラットフォームの分離

Business Editionでの参考サイトにも記載されていますが、

プラットフォームが細分化されるようです。クラウド時代に最新機能を迅速に提供するには

当然の方向性ですが、それぞれをつなぐ役割がより重要となってきます。

Flow(IFTTTのようなデータ連携サービス)やPowerApps(アプリ開発プラットフォームサービス)

をDynamics 365のサービスとして位置付けていることはこれを意識したものでしょうか。

より連携を幅広く、強固にするには、CDataの連携ツールなどを活用することも大切だと思います。

 

以上です。次回はカスタマイズ機能に関する記載をしたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中